スタッフ紹介

カスタマーリレーション

小林桃子

Momoko Kobayashi

当社は私を個人として尊重し、自分でも気付かなかった可能性を見出してくれました。

小林さんって?

 旦那さん、1児(男の子)、パグ(♀)との4人家族。 アルバイトとして入社。当初は主にお客様対応業務を担当していたが、オフィスのシステム環境やデータ集計方法など、業務改善にも積極的に取り組む。持ち前の積極性と勉強熱心さで中心メンバーとなり、入社3年目に正社員に登用される。 いつも笑顔のムードメーカー。

1日のスケジュール

 保育園の送り迎えがあり、標準就業時間での勤務が難しいのですが、だからといって仕事を中途半端にしたくはありません。 夫や会社のメンバーと相談の上、始業時間を他のメンバーよりも30分早めるなど調整し、責任をもって担当業務に取り組んでいます。

家事と仕事を両立するにあたり、時間の使い方やその他、工夫していること

1. 決して無理はしない!

 平日は主人の帰りが遅く、サポートを望めません。家事は完璧を目指すのではなく、手を抜くところは抜いて、ストレスがたまらないようにしています。

2. 子どもとの時間を大切にする

 平日の日中は一緒にいられないので、お迎えの後は、食事、お風呂、就寝前までぴったり一緒に過ごします。 子どもも一日の様子などを嬉しそうに話してくれますし、私自身も子どもをぎゅっと抱っこすることでとても癒されます。

3. 家事も工夫

 洗濯は帰宅後、余裕のある夜にまとめて行います。食事は、おかずを多めに作り置きして、翌日の朝食やお弁当にも活用します。もちろん、家電のタイマー機能もフル活用!

当社に入って良かったところ、やりがい

 「各自の担当業務だけを粛々とこなしていれば良い」という社風なら、高いモチベーションを維持し続けることは難しかったと思います。代表自身がメンバーを家族のように大切に思い、個人の可能性を信じて仕事を任せてくれます。また、そんな代表のもとに集まったメンバーも皆、思いやりがあり、互いに助け合える関係を築いています。
 「こうすればもっとお客様に喜んでもらえるのでは?」、「こうすればもっと業務効率が改善されるのでは?」というアイデアを自分自身でかたちにしていける楽しさがあり、この職場に出会えたことにとても感謝しています。

ページの先頭へ